介護求人!免許自体は少ないけれども資格は沢山ありますよね

介護の資格って何があるのかな?

介護の免許には介護福祉士を初め社会福祉主事もしくは社会福祉士と言った免許があります。しかし、介護求人に応募するのにこれらの免許が必須と言う事ではなく、ホームペルパーの資格を持っている事で介護の仕事をするための最低限の知識を持つ人材だと言う事を伝える事が出来ます。介護の仕事は人相手になるため、マナーや最低限の知識、技術が必要で、ホームペルパーの資格はこれらを持つ人材だと言う証明にもなると言う事です。

介護の仕事をする能力がある事を証明

介護福祉士と言う免許は国家試験を受験して合格が必要です。ホームヘルパーの資格を有していれば介護求人に応募する事は出来ますが、上を目指すのであれば、介護福祉士の免許を有している方が有利です。介護福祉士は介護の仕事をする能力を持つ事を証明する国家免許でもあり、最初はホームヘルパーの資格で介護の仕事をスタートして、仕事をしながら国家試験を受験するための勉強を行う人も多くいますよ。また、介護福祉は介護の仕事のプロのための免許でもあるのです。

相談員などに必要な資格って何?

介護の中には介護者本人だけではなく、介護が必要な家族からの相談と言う仕事もあります。介護認定が下りたけれどもどうすれば良いのか解らない、介護施設はどこが良いのかなど色々な悩みを持つ事になります。こんな時に相談に応じてくれるのが社会福祉主事もしくは社会福祉士と言った国家資格です。デイサービスで働いている相談員さんの多くがこの資格を持っていますね。また、資格を持つ事で家族からの相談に対して的確な解答をしてあげることが出来る能力を持つ事になります。

介護の求人を東京する最大のデメリットは、人件費が嵩むことです。地方に比べて総じて人件費相場は高いので、本気で人を集めようと思うとかなりのコストが発生します。