内定をもらえるような就職活動をするための最低条件を満たそう!

エントリーしたら、予定をきっちり立てる

大学生はひと通り、卒業に必要な単位を取り終わったら、今度は人生の分岐点にもなってくる就職活動をする必要が出てきます。大学院に進学するという方法もありますが、一般的な大学生は大学を卒業したら就職します。そして、就職活動をする上で大切なことは、最低限の就活ルールやマナーを身に付けることです。特に大学生にありがちな大学生活の延長線上で、予定をすっぽかしてしまうことが無いようにスケジュールはしっかり立てましょう。面接などの時間に間に合わなかったら、普通はそこで即落とされてしまいます。

就活をする時には身だしなみも肝心

また、最近は面接の時に自由な服装で来ても良いと言ってくれる企業も増えていますが、まだまだそれは少数派で基本はスーツです。なので、就職活動をする場合はスーツの着こなし方や髪型などの身だしなみには気を配ることが大切です。スーツのシャツの色は男性なら白が昔から相場として決まっていますし、あまりにも色のついたスーツも好ましくないと言われています。面接で目立つことは大切ですが、悪い目立ちかたをしないようにしましょう。

言葉使いを学ぶとよい

その他には言葉使いなども一度学んだ方が良いです。アルバイトをしている大学生の方は、アルバイト先で言葉使いについて気をつける事がありますが、そうでない方は大学で友人と会話するようにタメ口の癖を直せない方もいます。面接の時にどんなに正しくて素晴らしい自己PRや、志望動機を言ったとしても、言葉使いがメチャクチャならその評価も下がってしまいます。面接官として来る人は基本的に目上の人となりますので、そんな方と話が出来るように勉強はしておく必要があります。

新卒紹介とは、新卒の方々向けの就職に関するサービスです。新卒の方へ就職先を紹介・斡旋することが主ですが、中には新卒向けにアドバイザーなどを用意し、新卒が無事に就業できるよう手助けをする企業もあります。