海やプールでの仕事だけじゃない!夏の短期バイト

花火大会の警備の仕事は短い期間で稼げる

夏休みのバイトで代表的なものとして、海での仕事やプールでの仕事が挙げられます。職種ですが、海の場合は海の家や監視員、プールの場合も監視員ということになります。しかし、水とはまったく関係のない夏休みの仕事もいろいろあります。たとえば、どのようなものがあるのかというと、まず、花火大会など夏に行われるイベントで交通整理などを行う警備員です。イベント警備の仕事は必ず研修を受けなければならず、また、高校生が行うことは無理ですが、大学生以上であれば短期間でかなり稼げる仕事です。

夏休みに使うお金を稼ぎたいならお中元の仕事

本格的な夏よりも少し前の時期になりますが、お中元の仕分けと配送というのも夏の仕事です。期間は数週間程度で、仕分けの場合はデパートなどから送られてきたお中元を、配送地域別に分けていくという仕事になります。一日の中でも忙しい時間と暇な時間がはっきりと分かれていて、デパートからお中元が運ばれてきてからしばらくは休む暇もないぐらい忙しいですが、仕分けしてから配送する車にお中元を積み込んだあとはやることがなくて暇になります。

配送は学生でも自家用車を持ち込んで行える

配送の仕事の場合、個人が車を持ち込んで配達作業を行うことがあるので、免許を取ったばかりの大学生であっても働くことができます。夏真っ盛りの時期に遊びたい学生にとっては狙い目の短期バイトです。ただ、仕分けのような激しさはないものの、ちょうど暑くなってくる時期に家を回らないといけないので大変です。また、どういうルートで配達先を回っていくのかといったことを考えなければならず、配達地域のことをよく知っていないと配達し終わるのが夜になってしまう場合もあります。

リゾートバイトは短期で募集している所が多く、比較的稼げる上にバイトが終わった後に自由に遊べる事もあるので学生にお勧めです。