本当に稼げる?重労働?工場のアルバイト!

工場のアルバイトってどうゆう仕事?

バイトには色々なものがあります。例えば、コンビニの店員や居酒屋の店員はたまたアトラクションの係員などなどありますが、工場のアルバイトって実際どうゆう仕事なのでしょうか。工場のアルバイトは、製造会社などに直接登録しない場合には、通常派遣会社に登録をし現場でお仕事をすることになります。このような場合、派遣先にもいろいろあり自分にあった現場を探すことができます。工場のお仕事では、機材搬入などの業務から製品のメンテナンスまでいろいろあり、やっていくうちに業務を覚えることになります。

本当に工場の仕事は稼げるの?

工場の仕事というと稼げるイメージがありますが、実際なぜそのように他のバイトよりも稼げるのでしょうか。一つの理由は、時給が高いからです。例えば、コンビニの店員の場合昼間の時間帯の時給相場は950円から1100円ほどに設定されていますが、工場の場合、多くの企業では1200円以上に設定されています。また、深夜や早朝の場合これに加えて手当てが支給されることがあるため、さらに時給が高くなり、働けば働くほど稼げるということになります。

継続してくのが大変?工場のバイト

このように他のバイトと比べて工場のバイトは時給が高いため稼げますが、実際継続するのが困難という人もいます。その理由は、ほかのバイトと比べて体を使う業務内容が多く、肉体的疲労が大きいからです。もっとも、工場のバイトであっても昔の炭鉱などの労働者のようなものではなく、安全に十分配慮され、さらに現場によっては休憩時間が長いところもあるため、始める際にある程度覚悟をしていれば、最初の予想よりは重労働ではないため、意外に長く続けることができます。

住み込みの求人は通常のアルバイトと比べると、生活を共にする分、親密な関係を築く事が出来ます。一生付き合える仲間が欲しいと言う様な方にはおすすめです。